「デザイン」をする人で楽しく生きる

「デザイン」(設計)をする人で人生も仕事も楽しく生きる

WAISを受ける方向で・・・

WAIS・・・を受けてみたらどうかと言われた1週間。今月中に受けようとは考えていましたが、自分が生きやすいようにするだけでなく、多くの人の優しさを身にしみるほど感じたからできる限り早く受けようと思い、以前うつ病でお世話になった病院へ電話しました。

 

うつ病の治療を始めたのは10年以上前。その当時、離婚協議中。それから3年半の治療後。通院は終わった。今でも先生が「卒業おめでとう」と泣きながら握手をしたのを覚えている。

 

それから7年。

 

夜6時過ぎ、そのお世話になった病院がまだ診療中ということを知り電話して事情を話ししたら「うつ気味じゃない?」「寝れてる?」「ご飯食べれてる?」と今の私の心の状態を心配しながらも「先生に今日話をしておくから明日、電話してね」と言ってくれた。

 

先生の判断はどうなんだろうか・・・。

 

受けれない場合は、違うところでも受けることを視野にしなきゃだなと感じる。

 

それだけ今でも支えられていることを知った。心の健康がそれだけ大切なんだと思いながら、今日は申し訳ないという気持ちと多くの人が自分を支えてくれていることに甘えるのではなく、しっかりと向き合いもう一度みんなと心の底から笑いあえる関係に戻りたいと強く感じたからだ。

 

※WAISとは

 

 

 

 

 

今思うと、自分は個性的な人間。個性最高だと言いながら、人とは違う部分が嫌だったし、それを認めたくなかったのだと強く感じた。

 

幼少期は、「人と違う」「少数派」をすごく嫌った。いじめの対象になるのかも。仲間外れにされるのかもって怖かったのだと思う。

 

多くの人は、行動力あるというけれど、すごく臆病で正直動かないで良いならそれの方がいいとも思う。それに今までは何か問題が起きてもそこにもう一つ逃げることができる事情があってうまく逃げてこれたのかもしれない。

 

今は、どんな状況でも背を向けたくない。こんなに人に支えられていることを知り、寄り添ってくれる人がいる。何かあるたびに自分は一人なんだと感じていたけど今は、全く無い。それだけ。

 

それに「人とは違う」ってものがあってもそれは自分が一番大切にしてあげること。

 

ずっと自分が否定してきたのかなとも感じた。

 

一番そばにいる人間が自分なのにその自分が拒否しちゃったら可哀想だし、ひどいなって感じる。

 

 

 

 

 

正直、今回の記事は迷った。WAISを受ける方向でのことは、調べたら・・・って考えると嫌だなとも感じた。

 

過去の自分は「普通」がベストだと感じていたから。

 

でも、どんな自分でも心配してくれて受け入れて、少しでも生きやすくできるように真剣に考えてくれる人が間近にいたら、自分自身がそこを認めてあげて進むしかないと思ったから。

 

それと同時にしていくこともたくさんある。最初は誰も認めてくれなかったとしてもこれを機に変えていきたい。

 

それだけ多くの人が自分のそばにいる。

 

これからも報告していきます。

 

今日は「ごめんなさい」と「ありがとう」の繰り返しの1日でした。

https://youtu.be/UiFwo_G6tZM