「デザイン」をする人で楽しく生きる

「デザイン」(設計)をする人で人生も仕事も楽しく生きる

「デザイン」(設計)する人として生きたい

直感で今まで生きてきた41年間。

 

「デザイン」に携わったのは先日11年を迎えた。

 

「デザイン」をする人(デザイナー)として本格的にやるようになって7年を迎えた。

 

もともと異業種から入っていること。そしてデザインを始めた頃はもともとデザインをしていた人が一緒に仕事していたので当時はサブ的存在としての活動を考えていた。

 

始めの転機は、その存在がいなくなったこと。より稼げる方へその人は転身した。それからは一人で仕事をすることが当たり前になってきた。

 

そこからは、基本は実戦で学ぶことが多かった。日々の生活にどうしても基礎がある人との「差」を感じてはいたもののどうにか苦労しながらも満足してもらえるものを作り続けた。

 

ロゴや名刺、チラシ、パンフレットなどのデザインや印刷をしていく中で多くの人と触れ多くのことを学び、まだまだ発展途上の自分自身だけど

 

わからないなりにも「行動」でどうにか WordPressを使ってのホームページを簡単ながらも作れるようになったりと今まで「運」でここまできていたのかもしれない。

 

それでもどうにかこうにかここまでやってきた。喜ばれることもあれば、怒られることもあった。これからもやっていきたいと思いながらも、なかなか良いデザインが作れなかったり、気持ちが乗らずに納期がギリギリなんてこともあった。

 

この仕事って「心と身体の健康」が重要だとここ1年以上は感じることが多くなった。

 

それでも「やめたい」と思ったことは一度もなかった。

 

今、できること。スキルアップだけでなく今までもこれからも仕事をしていく上で絶対的な「安心と信頼」をどう作っていくのか。そんなことをずっと最近は考えていた。

 

久しぶりに日中歩きながら・・・応援してくれている人からのメッセージを思い出しながら、何が必要なのか。そう思っていたら・・・「口頭」が多いな・・・って感じた。

 

イメージがどれだけ頭に浮かんでも、浮かぶ数だけ忘れる数も多い。

 

そこをしっかり書き出して、見せて提案したらどうなんだろうか?と思ったら

 

「安心かも?」と思った。ロゴやチラシ、ホームページも人によって想いは違う。それが一つの設計図として示せたら「これもいい、あれもいい」という迷いもなくなるかも。

 

そうしたら、自分だけでなくお客さんも欲しいもの、求めるものが手に入るのかもと思ったら今からはやり方を改めた上でより満足できるものを作れるようにできるのかな。

 

そう考えたら、これからは「声」もしっかり聞こう。その「声」をしっかりとデザインできる人になろうと今日強く感じた。

 

今日は、ロールケーキ?太陽?を描いてみた。

f:id:happymoney1031:20200301152307j:image

それとホームページの設計も書き出してみた。

 

早い段階で変えたいな。